岩国市観光協会
Facebookページ
  • 開発コンセプト
  • (1)岩国市のポテンシャル
  • ・錦帯橋空港の開港により東京と岩国を結ぶ時間は一時間半となり空港は岩国だけでなく広域の人々に利用されている。
  • ・岩国駅の改築事業と併せた駅前周辺整備事業の相乗効果も期待できる。
  • ・今後10000人を超すことになる広大な米軍基地を抱えており、岩国の文化の1つの軸として「アメリカ」は色濃く存在している。
  • ・今の岩国市に必要とされているものは
  • ①「アメリカ」を文化の軸とし明確に打ち出して集客を図る事。   そして日米の交流に貢献する事。
  • ②「おもてなし岩国」にふさわしい観光ショッピング施設をつくる事。そして西日本観光の拠点の1つにふさわしいバンケット施設をつくる事。
  • ③中心市街地活性化、にぎわいの創出、より密度の高い住民サービスを生み出すコンパクトシティーへとつながる居住施設を中心市街地に整備する事。
  • 我々は、これら3つの目標を実現するべく、この南地区を位置づけ元気な岩国をつくりあげる最初の起爆剤にしたいと考える。
  • 『 日米をつなぐ 』
  • 『 岩国と世界をつなぐ 』
  • 『 今と未来をつなぐ 』
  • まさにゲートウェイとなるプロジェクトをつくりあげたいと考え、このプロジェクトを“ IWAKUNI GATEWAY PLAZA ”と呼ぶ。

  • (2)具体的な計画の軸
  • “ アメリカの軸 “
  • ・日米交流センターをつくる。英語で様々の文化交流の講座を設けて、日米交流の舞台をつくる。
     子供のための英語教育の場をつくる。
  • ・FTZ(Free Trade Zone)をつくり米国の物産、西日本各地の物産品の販売をおこなう。
  • “ おもてなしの軸 ”
  • ・日本の物産を集積して、おみやげを買いやすい場所をつくる。
  • ・バンケット機能はパーティー、講演会、ビジネスコンベンション、など様々の利用に対応する。
  • “ 居住施設の軸 ”
  • ・クリニークモールと合わせて高いサービスの居住施設をつくる。
  • ・近くのデイケアサービスの連携をする。

  • 開発の基本方針
  • (1)再開発のテーマ(整備基本方針)
  • 方針1:岩国市中心市街地活性化のリーディングプロジェクト
  • ・商店街にない機能(スーパーマーケット、レストラン、クリニックモール、子育てサポート(託児所)など)の導入で集客力強化。
  • ・居住人口の増加
  • 方針2:日米を中心とした文化交流拠点の形成
  • ・日米文化交流施設(英会話、文化教室、子供遊び場など)
  • 方針3:交通結節点におけるおもてなし機能の充実
  • ・ベーカリーカフェ、土産・地場産品販売、観光情報発信など
  • 方針4:地区内の営業権利者や居住者の生活再建を図る

  • ・地区内の営業者の店舗整備及び居住者用マンションの整備
  • 方針5:環境配慮
  • ・岩国市の玄関口にふさわしい景観形成  ・バリアーフリー
  • ・省エネ施設整備